人生100年時代の健康戦略 !!!

厚生労働省によると2015年の日本人の平均寿命は、男性が80.75歳、女性が86.99歳と言う。生活環境の改善で人生100年の時代はすぐそこまで来ている。 『 高齢化社会 』 『 高齢社会 』 『 超高齢社会 』 の分類は何だろう ???  65歳以上の人口が7%を超えると 『 高齢化社会 』 14%以上になると 『 高齢者会 』 21%を超えると 『 超高齢社会 』 と呼ぶそうだ。日本では10年前から 『 超高齢社会 』 に突入している。中国・唐の詩人 杜甫が 『 人生70年古来稀なり 』 と歌ったが、これが 『 古稀 70歳の祝い 』 の原点になったと言う。しかし今や人生70年は当たり前になった。県立静岡がんセンター総長の 山口 建先生によると、人間の身体は120歳以上は生きられない構造になっているが平均寿命はその限界まで伸びて行くはずだと言う。しかし年齢を重ねれば必ず老化現象が出始め、それにより老化関連病を発症する。医学的に言うと人間の身体は60兆個の細胞から成っている。その細胞の中に遺伝情報を持つ遺伝子が有る。がんの多くは、発がん物質や放射線を受ける事により遺伝子に傷が付く事が原因とされている。遺伝子の傷は、がんのみならず老化にも影響を及ぼし様々な臓器の機能低下を招くと言われる。白内障、難聴、歯周病、動脈硬化、高血圧、心肺機能・反射機能の低下、代謝機能異常、糖尿病、前立腺肥大などがその良い例である。このがんや老化関連病を予防する為に遺伝子を守る生活を心掛けなければならないと言う。遺伝子を守る為には、喫煙、大量の飲酒、塩分の摂りすぎ、ピロリ菌や肝炎ウイルス、ヒトパピローマウイルスなどの感染、発がん物質、放射線などを極力避ける事が大切になる。また遺伝子の傷を防ぐ成分を含む緑黄野菜・果物は積極的に摂る事を薦める。強いストレスも遺伝子を傷つける。従って1日30分程度歩く事と十分な睡眠、自然とのふれあいなどで心のケアをする事が良い。

 がんになっても慌てる事はない。長期に渡る刺激でDNAに異常が出てがん細胞が出来るので、がんになったら5年~20年前より現在までの生き方を反省して今までとは真逆の生き方をすれば、がんを暴れさせずにそっとして置く事が可能である。つまりがん細胞と一緒に楽しみながら人生を全うすれば良いのだね。山口 建先生もがんに罹ったら、慌てず諦めず医療スタッフや家族・社会を味方にして、がんと向き合って治しましょうと言っているのね。細かい事をクヨクヨしない事、いつまでもストレスを引っ張らない事、免疫力アップに繋がる食物繊維は毎日の食卓に並べる事だね。笑う事は免疫力アップに繋がるのでお笑い番組を見て笑う事も大切だね。
 毎日毎日を楽しく送る事が平均寿命を延ばす事になるのだね ☆彡 ☆彡 ☆彡