睡眠障害って、何 ???

医療現場で睡眠障害と言うと8分類で80以上の疾患に細分されるが、次の6項目について説明するね。1)不眠症 2)呼吸の問題 3)過眠症 4)リズムの障害 5)睡眠中の異常行動 6)睡眠関連の運動障害 に分かれる。 1)は入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4タイプが有る。2)は閉塞性睡眠時無呼吸症候群を代表とする無呼吸や低呼吸の事でいびき、熟眠感がない、日中も眠気が酷くなると言った症状が出てくる。これは肥満が大きな原因の一つだが痩せている人にも起こりえる。ひどいいびきは生活習慣病を悪化させる要因にもなるので注意が必要になる。3)は 『 ナルコレプシー 』 や 『 突発性過眠症 』 があり日中に強い眠気に襲われる疾患である。4)は昼夜逆転の生活などで睡眠と覚醒のリズムがずれて不眠や過眠、起床困難と言う問題を引き起こす。その結果社会生活に支障を引き起こす疾患の事で時差ボケもこれに分類される。5)はひどい悪夢、子供に良く起こるねぼけ、夢遊病 ( 睡眠時遊行症 ) 、トイレと玄関を間違えたり、金縛りに有ったりと言うのが睡眠中の異常行動になる。6)は 『 むずむず脚症候群 』 と言って布団に入ると足がむずむずして虫がはう様な感覚が有り、じっとして居られない症状が出る。ひどい歯ぎしりも睡眠を妨害する睡眠関連の運動障害になる。睡眠障害と言っても人により悩みは様々で原因も解決方法も人それぞれに有る。こうならない様に予防するには、まずは生活習慣の改善をはかり良い睡眠がとれる環境を作ろう。1か月以内の短期不眠の原因は、夜中に皮膚が痒くて起きてしまったり、歯の痛みなどの為に眠れなかったりと健康上の理由が有る為眠れなかったりする。また家族に不幸が有ったり、仕事上の失敗などの精神的ストレスが掛かると誰も交感神経が興奮して目がさえてしまう。この様な時は原因の病気が治れば自然に睡眠が取れる様になるし、原因のストレスを発散する事で心地よい睡眠が取れる様に成るものなのね。

♥ 音羽歯科クリニック キッツ・コーナー ♥

歯ぎしりに関しては噛み合わせのチェックをした後に歯型を取りその人に合ったマウスピース ( ナイトガード ) を作ります。これは透明な柔らかい材質を使用しますので装着感が大変良いと言う評判です。歯の痛みには色々な原因が有りますのでご相談ください。ストレスは誰にも有る物です。しかし人間の本来備わっている身体の調節機能を超えた長期に当たるストレスや一度に大きなストレスを抱えたら早めに心の許す人に話しを聴いて貰い、心を楽に保つ事が大切なのね。自分では寝ていないと思えても意外と眠れているものです。以前も話した様に人間の睡眠パターンには7時間以上とる 『 長期型タイプ 』 と 3時間でも良い 『 短期型タイプ 』 が有るのだね。睡眠を気にしすぎる余りに不眠症を招く事も有るのであまり気にしすぎない事も大切だね。催眠導入剤などの薬を飲むのは本当に病気の時にしようね ☆彡 ☆彡 ☆彡

最近良く相談される『リウマチ治療』について !!!

往診したり歯科外来で良くリウマチについて相談を受ける事が多くなった。『 関節リウマチ 』は免疫異常により主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気の事で、進行すると骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり日常生活に制限が出る。症状としては微熱、全身倦怠感、食欲不振が続き、朝方に関節周囲がこわばる事が有る。進行すると手足の関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首、膝、股関節へと広まって行く。
【 原因 】
 人の身体に誰も持っている 『 免疫 』 のシステムに異常を起こし関節を守る組織や骨を外的とみなして攻撃して壊してしまうのが 『 リウマチ 』 なのね。これが 『 自己免疫疾患 』 とよばれ、体質的に掛かり易い人が何らかの原因によって発症すると考えられている。その原因ははっきりと分かっていないが、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産やけがなどをきっかけに発症する事が有ると言う。遺伝性はない。
【 掛かり易い人は ?? 】
 日本のリウマチ患者さんの数は、70万人から100万人と言われる。毎年約15000人が発症している。地域差はない。年齢別では30歳から50歳代に発症した人が多い。男女比では男性の約5倍女性に発症し易い病気である。 ( 2015年リウマチ白書・・・(公社)日本リウマチ友の会より )
【 治し方は ?? 】
 進行すると全身がやられてしまう深刻な病気で体内で炎症が生じた時、 『 サイトカイン 』 という物質が大量に分泌されて炎症を悪化させる。関節破壊を防ぎ進行を止める為に 『 生物学的製剤 』 が続々と発売されてきた。本来これは点滴や皮下注射が主体だったが、現在ではそれの効果を上回ると言われる経口薬が開発された。 『 J A K 阻害剤 』 と呼ばれる経口の抗リウマチ剤 トファシチニブ ( 商品名ゼルヤンツ、1日2回服用 ) が出て従来の生物学的製剤と同等の効果が有り、通院による点滴や注射をしなくても良いメリットが有る。生物学的製剤は効果が高いが全体を見てみると約1/3は効果が不十分な事が多いと言う。この経口の抗リウマチ薬 バリシチニブの治験で生物学的製剤を上回る高い効果も見られ期待が大きいそうだ。経口薬で生活スタイルが改善され、普通に暮らせる可能性が出て来た事は朗報である。

まあリウマチの発症原因は不明だが喫煙とリウマチの発症と密接な関係が有る事と歯周病原因菌である 『 ポルフィロモナス菌 』 がリウマチ抗体 ( 抗CCP抗体 ) を活性化させて発症させる可能性が有る事が分かって来た。食物でも肉の過剰摂取やコーヒー、砂糖の入った炭酸飲料を多く含む飲料を極端に摂取する人にリウマチが発症しやすいと言う。リウマチ発症の防護因子として魚特に青魚に含まれるEPAやDHA、ビタミンC、緑黄野菜を多く摂取する人にリウマチは成り難いそうだ。だから日頃の食生活に気を付けてストレスを溜めずに、楽しく毎日を送る事が一番大切なんでは無いだろうか ???

9月15日(金)つぐみ下島で講演 & ライブをやって来たよ ♪ ♪

2017年9月15日(金)10時30分よりお昼まで 『 オーラル・フレイル って 何 ??? 口腔ケア用品のお勧め !!! 』 と言うテーマで話をして来たのね。つぐみ下島施設長の水嶋さんの紹介で下島地区の元自治会長大石さん、民生委員の鈴木さん、そして第二予防(要支援以前)の人達の前で話をした。口腔ケア用品の選択にいつも困っていると聞きそれに合わせたスライドを用意してきた。

『 フレイル 』 とは、身体がストレスに弱くなっている状態を言う。
海外の老年医学会で使用されている 『 F r a i l t y (フレィルティ) 』 の日本語訳で虚弱・老衰の意味になる。では 『 オーラルフレイルとは ??? 』 Oral (口腔)と Frail (虚弱)で現わされる様に高齢になって口腔周囲筋の活動が落ち、口から食べ物をこぼす、物がうまく飲み込めない、滑舌が悪くなるなどの症状が出てくる事を言う。
これを放っておくと全身的な機能低下(これをフレイルと言う)が起こって来る。それを予防するには日頃の口腔ケアが大事なのね ❤
それには80歳で20本以上の歯を保ち生涯を健康に過ごす事を目ざす !! 口腔と全身疾患との関連は ・・・・ 口腔ケアを怠ると ⇒ 虫歯・歯周病に移行する ⇒ 誤嚥性肺炎・心臓血管障害・糖尿病・慢性腎疾患・胃腸障害・早産・低体重児出産・アルツハイマー病・非アルコール性脂肪性肝炎などの全身のトラブルに係る事がわかっている。日本の平均寿命は男女とも世界第一 !! しかし平均寿命と健康寿命の差が8年も有る ⇒ この事の意味するのは健康で自分で自活して美味しいものを食べて楽しく過ごせる寿命(健康寿命)と寝たきりで介護を受けて点滴・酸素吸入をしてまで生かされている期間が8年間も有ると言う事です。
この事から虫歯・歯周病に罹らない為の口腔ケアがとても大事になる。『 歯科医療 』は、口腔機能の維持・回復と共に、最後まで美味しいものが食べられる様な口腔環境を整える事が求められる。・・・・歯科は生涯患者さんとお付き合いできる『 生きる快適性を追求する医学 』なのだね ☆彡 ☆彡 残っている歯が少なく義歯の状態も悪い高齢者では、身体的健康状態が悪化する事が示唆される。 『 身体的健康状態悪化 』 とは、介助が必要や寝たきり状態になる事を意味する。これは誰も成りたくない事なのね。 この事を予防する為にも日頃の口腔ケアに関心を持つ事が大事になる。 口腔ケアに努める ⇒ 口腔内環境・口腔周囲筋が鍛えられる ⇒ 美味しく・楽しく食事が出来る ⇒ 家族・友人を誘って外に出て見ようかなとなる ⇒ オーラル・フレイルの予防に繋がる ⇒ 更には足腰の筋肉も鍛えられて、全身のフレイルを予防出来るのだね。

『 口腔ケアのケア用品は何が良いの ?? 』

口腔ケア用品については 統括主任歯科衛生士・音羽歯科訪問診療部 部長歯科衛生士のあきちゃんに代わるね !!!

歯磨剤だけでもこんなに種類が有るね ☆彡

歯ブラシもどれを選んで良いか ??

音羽歯科の院内では、手に取って見れる・歯磨剤は使う事が出来る様に待合室に置いて有ります。ドラッグストアでは毛先の硬さ・ブラシの先・握りやすさなど試す事が出来ない。歯磨剤も味付けに好き嫌いが有る。音羽歯科では私達歯科衛生士が症状に応じて適切なケア用品を処方します 💛 💛
こんな症例にはこの歯磨剤とこの歯ブラシと手に取って説明していたね。その後に皆さんに歯ブラシと歯磨剤を渡した。
 その後に 『 音楽療法による嚥下機能回復について !!! 』 に触れて見た。歌う事により嚥下機能の回復・抑うつ軽減・血圧低下・肺機能の低下の予防・身体の活性化による身体機能の改善が有る事が分かって来ている。
( 歌うことを用いた音楽療法による心身への影響─精神科外来患者の生理・心理指標の結果から─ 昭和大学 久保田 牧子、高橋 和奈枝より )
 つまりこの文献から言える事は、元気な間はカラオケで歌を歌う事により嚥下機能をつかさどる筋肉を鍛える事が出来ると言う事なのね !!!
 また 『 歌を聴くことによる効果は ♪ ♪ 』・・・・ 歌は、作詞者・作曲者・編曲者が音楽の要素を媒介にして、制作者自身の心理内面を作品の中に込めている。それらを疑似体験したり、仮想したりすることで、感動や共感を体験して自分の内面に取り込んでいく過程を経験する。
イメージ、記憶、連想により情景が思い浮かび、懐かしく過去の記憶が辿ることもある。その時代を反映している同時代性を持ち、現実感を抱きやすい。
 つまり歌を聴くことにより昔を呼び戻し脳の活性化に貢献すると言う事なのだね !!!

そういう意味でこの講演会の後にギターを持ってきましたので、歌いましょう !!! みんなで ♪ ♪ ♪  

民生委員の鈴木さんが用意した楽譜をもとにみんなで歌ったのね ☆彡 ☆彡

歌 坂本九 『 上を向いて歩こう !!! 』 を2つのギターに合わせて熱唱した ♪ ♪ ♪ 

『 幸せなら手を叩こう !!! 』 を一緒に歌いながら、みんなノリノリだよぉ !!!

最後は 『 居酒屋 』 を男・女のパートに分けて一緒に歌ったのね ♪ ♪ ♪ ・・・・昔良く歌ったのかとても上手に歌っていたね ♪ ♪

今回の講演の話を持ち掛けてくれた下島施設長の水嶋さん ・・・・当日ギターを持って来てと言われて楽しみにしていたのね 💛

杉江 & あきちゃん お疲れ様 !!! 

施設長もお疲れ様 !!! また呼んでね ・・・・ 二人のコラボで施設を明るくしようね ☆彡 ☆彡 ☆彡

施設での厚い介護も大切だけど第二予防 ( 要支援以前 ) の人達が楽しい毎日が遅れて、いつまでも楽しめる人生を送って欲しいと願う !!! その為に少しでも力になれれば幸いに思う ☆彡 ☆彡