ピーリングって、何???

『デンタルエステで出てくるピーリングって、何ですか???』
この質問に答えるよ。

ピール(peel)とは、英語で『皮をむく』と言う意味なのね。

実際に肌をはぐわけではない。

ピーリングとは、古くなった角質層をさまざまなアプローチで取り除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、肌本来の自然な美しさを取り戻す為の方法の事を言う。

ではピーリングで促されるターンオーバーとは何だろう???

ターンオーバーとは皮膚が新しく生まれ変わる作業の事で皮膚の一番外側の部分(表皮)が細胞分裂によって次々に生まれ変わって行く事を示す。

表皮の最も深い部分『基底層』で作られた新しい細胞は分裂とともに古い細胞を上へ上へと押し上げ、これが最終的に角質となって剥がれ落ちる。

このサイクルをターンオーバーと呼ぶ。

この周期は一般的に20代で28日、30代で40日、40代で55日と年を重ねるほど周期は長くなる。

ターンオーバーは、加齢による物だけで無く、ストレスを始め、様々なダメージを受ける事で乱れて行くと言われる。

ターンオーバーのリズムが乱れると、古い角質層がなかなか剥がれず、徐々に厚くなって行くのね。

この古い角質層の中に溜まった色素が多くなると、お肌のくすみやシミの原因になるし、角質層には水分が少ない為皮膚がささくれたり、小じわの原因になるのだねぇ。

だからピーリングする事により古い角質層を除去しターンオーバーを促し、美肌を取り戻す事が可能になるのだよ。

この器械『Beamonのピーリング』には、どんな利点があるだろうか???

Beamonのダイヤモンドピーリングは、ダイヤモンドがついたパッドで、他には無い美容液を皮膚に導入しながら優しく皮膚表面の古くなった角質層が除去できるのね。

皮膚をなぞる事により皮膚表面の古い角質を取り除き、美容液を導入しながら行うのでそれぞれの部分の状態に応じたキメ細やかな施術が可能になる。

顔以外にも身体の気になる部分、唇・背中・その他等への施術も可能なのだよぉ。

水着やお肌を露出する季節がやって来るとこの部分にも出来ると言う事ね。

またBeamonはコラーゲンやエラスチンを活性化し、極細ブラシ洗顔が出来るので毛穴のトラブルやお肌のキメの改善にかなりの効果が期待出来ると言われている。

ケミカルピーリングとの違いは、施術するお肌を選ばない事、つまりケミカルピーリングは酸を使う為、お肌の状態やアトピー性皮膚炎、アレルギーなどの考慮が必要で、場合によっては施術が難しい場合もある。

その点、Beamonのピーリングは、肌へのダメージが少なく、ほとんどの肌に対応できるのだねぇ。

施術時間も約10分から20分と非常に短いのも特徴の一つだね。

この事をアメリカでは『ランチタイムピーリング』と呼ばれて社会に溶け込んでいるよ。

りきゃっつブログエステ編は???←ここ

りきゃっつブログエステ編(その2)は???←ここ

ページトップへ ▲