第41回(公益社団)日本口腔インプラント学会

第41回(公益社団)日本口腔インプラント学会・学術大会が、2011年9月16日(金)から18日(日)まで名古屋国際会議場で開催された。

今年のメインテーマは『インプラント医療安全の推進行動』と題して遠くは、ドイツインプラント学会やら海外から沢山の演者・学会会員を迎え4000人以上が参加した。 大盛況であった事を報告します。

入口を入ってここが2階フロアー

この下が大会総合受付カウンター

音羽スタッフが集合して『がんばろ~!!!』を連呼

左から専門歯科技工士のSさん、
専門歯科技工士Hさん
右から専門歯科衛生士今年受験のHちゃん、
専門歯科衛生士Rちゃん
副院長雅寛先生

中庭には、こんな躍動的な像が有ったよ

1日目が終わりホテルに帰り、音羽スタッフ有志で名古屋の夜の探索をした。

専門歯科技工士のSさん、Hさんは、別の夜の探索中???

このページの先頭へ

1日目が終わりひとまず『お疲れ様~。乾杯!!!』だよなぁ。

みんな酒が進んで居る様だなぁ。
ここは名古屋コーチンを食べさせる料亭なの
個室になっている為、つい羽根を伸ばしすぎたなぁ。
酒が入っても音羽歯科の未来について前向きな意見が出たね。

18日(日)10:30より90分間は、私が座長を務めた。

東京歯科大学口腔インプラント科臨床教授飯島俊一先生に『インプラントの長期安定を目指した上部構造について』を演題にお話頂いた。
多くのインプラント経験の中から失敗した事からのリカバリーが、大変参考になった。
必ず新しい方法には、上手くいかない例も有る物です。その経験をいかにして明日への明るい診療に繋げるかが大切だと思う。
とかく学会では、成功例を主体に話を進めるが、その裏の上手く行かなかった事の対策の方が私等臨床医にとっては、大変役に立つ。

講演も無事終わり、ほっとして居る所だよなぁ。

一番左の専門歯科衛生士を目指すAちゃんは、日曜日から参戦だったなぁ。 頑張れ!!!

2011年9月30日現在、各種インプラント埋入本数 ⇒⇒⇒ 1878本

このページの先頭へ