口の汚れはがん治療に悪影響!!!

静岡県立静岡がんセンター歯科口腔外科部長の百合草 健圭志(ゆりくさ たかし)先生の言葉を借りてがんの治療の時にも『口腔ケア』が大切である事を話してみるね。

 県立静岡がんセンターは???←ここ

がん治療は命を救う為に抗がん剤治療・放射線治療・外科治療という『攻めの治療』が最優先でその為の副作用や心身の辛さを後回しにしてきた。
しかし今の最新のがん治療においては、患者さんだけでなくそのご家族のQOL(生活の質)まで考える様になって来ている。
そこで痛みを取る『緩和ケア』などの生活を支える治療に注目される様になって来た。
私ら歯科医師が取り組んで居るのが『口腔ケア』なのだね。

がん治療中に『口腔内の痛み』『渇き』『口腔内の腫れ』などで苦しむ患者さんを多く見る。
従って『がん治療』が始まる前から歯科治療を済ませておく事が大切で治療中も口腔ケアを続ける事が口の中のトラブルを予防し減らす事に繋がるのね。

『抗がん剤』の副作用の一つに『口内炎』があり食事が摂れないほどの痛みの辛さから抗がん剤の薬の量を減らしたり治療を休む事もある。

口腔内が汚れて来ると『悪玉菌』が増えこれらの菌が肺に入れば『誤嚥性肺炎』になる。
さらに免疫力が弱まると『カンジダ』というカビの一種に侵されたり『ヘルペスウイルス』などのウイルスも侵入し易くなる。
最悪の事態は口内炎の傷口から感染して血管を通って全身に回り『敗血症』になる事もある。

だからこそ『がん治療』の副作用を予防する為にも『口腔ケア』がとても大切になる。

百合草先生によると『口の中が奇麗になれば感染も回避され余分な薬や医療費もかかりません。
がん治療中は元来身体が持つ自然に口をきれいにする力が低下している。
本来人の口の中では1日当たり1~1.5リッターの唾液が流れていて口の中の汚れを奇麗に洗い流す役目をしているが、がん治療中は抗がん剤や放射線治療により唾液分泌量が低下しやすく口腔内乾燥症を起こす。
食事をしていないから口は汚れないと誤解する人もいるが、実は絶食中の人の方が唾液分泌量も少なく口の中は汚れやすい。』と言う。

がん治療によって自浄作用が弱まった患者さんは、歯ブラシやうがいによるお口のケアが大切になる。

歯ブラシができない状態の時は前歯などの磨ける部分だけでもブラッシングしてあげると良い。
うがいのできる人はうがいによるケアで口をゆすいだりできる範囲のケアをしましょう。
スポンジブラシで口腔粘膜のケアや舌ブラシによる舌のケアをする事も大切なのね。
唇が渇くときには保湿も大切でリップクリームや保湿ジェルをうまく使いましょう。

日本歯科医師会と国立がん研究センターが全国網で連携体制を築いている。私も県立静岡がんセンターと『がん診療医科歯科連携』歯科医師として登録されました。

がん治療中の患者さんの基盤が自宅に有るので病院外でも患者さんを支えられる様に地域の歯科医師と協力し合う体制なのね。

やる内容は日頃行っている歯周病の管理・虫歯治療・口腔内清掃・セルフケア指導などです。

がん治療前に口の中のチェックと清掃をする事がとても大切な事なのね。

是非医科歯科連携を活用してがん治療中も歯と口の管理を行い、質の良い療養生活が送れる事を願っております☆彡☆彡☆彡

県立静岡がんセンター緩和医療科部長の大阪巌先生によると最新の緩和ケアの研究について、ケアを受けることにより『QOL(生活の質)が向上する』『辛い症状が緩和される』が『病院でも在宅でもがん患者の寿命は変わらない』というデータがあると言う。

それなら最後まで自分らしく生きる為には、自宅で家族に支えられ看取られて行きたいと思う♥♥♥

このページの先頭へ