歯が多いと健康寿命も長くなる!!!

65歳以上の7万7392人を3年以上追跡調査した研究論文が有ったので報告するね。

東北大学大学院歯学研究科の松山祐輔氏による研究で、歯が20本以上ある85歳以上の人を見ると歯を全部失った人に比べ健康寿命が男性でプラス92日、女性でプラス70日延びている事が判ったと言う。

この研究では全国24自治体の要介護認定を受けていない65歳以上の8万5161人(回収率67.4%)のうち1374日(3年以上)追跡できた7万7397人(男性3万6074人 女性4万1323人)について分析した。

歯の残存数『0本』『1~9本』『10~19本』『10~19本』『20本以上』の4つに区分し、自治体のデータベースから死亡日および要介護度2以上の認定日を得た上で年齢や入れ歯の使用、教育年数、所得、既往歴、主観的健康感、転倒経験、喫煙、飲酒、歩行時間、B M I 、鬱などの影響を排除した。

その結果、要介護期間は年齢別にして➀65~69歳 ➁75~79 ➂85歳以上の3区分に分けて見た時、➀では男性『0本』群が24.2日だったのに対し『20本以上』群が12.4本、女性は『0本』群が15.7日に対して『20本以上』群が8.9日だった。➁では男性『0本』群が46.5日 『20本以上』群が23.7日、女性『0本』群39.5日『20本以上』群21.9日だった。➂では男性『0本』群71.4日 『20本以上』36.3日 女性『0本』111.2日『20本以上』56.3日となっている。

これを見ると男女とも歯の無い人より20本以上残っている人の群が要介護期間が短い事が判った。

この研究論文で分かった事は、歯の多い人は寿命だけで無く健康寿命(健康で自活でき、美味しいものを食べられて楽しく送れる寿命の事)が伸びて、要介護の期間も短いと言う結果が出たと言う事です。

それには日頃のお口の中に関心を持ち3か月に1度で良いのでかかりつけ歯科医院でP M T C を受ける事がとても大切な事になるのね ☆彡 ☆彡

このページの先頭へ