世界禁煙デーって、いつ???

厚生労働省が掲げているのは、2016年5月31日(火)だった。

『2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子供達を守ろう~』をスローガンに掲げている。

患者さんから『どうしても禁煙できないんだけれど院長先生は、たばこ吸ってるの?』と尋ねられた。確かに大学時代は、ボート部で寮生活だった事もあり、先輩に勧められかなりのヘビースモーカーだった事は認める。しかし現在は禁煙に成功しまったく吸わない。レストランに行って間違って喫煙コーナーに通された時、とても不快な思いをした事がある。

昨今中国で問題になっている排気ガス『PM2.5』とは、大気中に浮遊する粒子の大きさが2.5μm以下の微粒子状物質の事で、非常に小さな粒子の為、肺の奥深くまで入り込みやすく肺をはじめ、全身の炎症を引き起こすと言われ中国本土で恐れられている公害の一つなのね。

たばこの煙もこのPM2.5で粒子が小さいだけでなくおよそ250種類の有害物質(このうちおよそ70種類が発癌物質と言われている)が含まれているので様々な病気のリスクを高める事がわかって来た。

自動喫煙で起こる主な病気には???
  • 成人では、肺がん・気管支喘息・心筋梗塞・脳卒中・歯周病などに罹患
  • 妊婦では、低出生体重児・乳幼児突然死症候群など
  • 子供では、肺炎・気管支炎・気管支喘息・中耳炎・乳幼児突然死症候群など
たばこの煙は空気中に広がり、ドアや窓の隙間から漏れ出すので『分煙』でも受動喫煙を防ぐ事は出来ない。

だからこそ自分一人の問題ではなく、すべての人の健康を守る為に『禁煙』が最も有効な手段になるのだねぇ!!!

NPO法人日本禁煙学会受動喫煙ファクトシート2敷地内完全禁煙が必要な理由より『日本における屋内PM2.5濃度』
  1. 完全禁煙コーヒー店⇒8(米国環境保護局基準良好)
  2. WHO屋外基準上限⇒11(良好)
  3. 日本屋外(郊外)平均⇒17.5(良好)
  4. 非喫煙家庭⇒20(良好)
  5. 完全分煙ファーストフード店禁煙席⇒32(許容範囲内)
  6. 喫煙家庭⇒46.5(許容範囲内)
  7. 自由喫煙パチンコ店⇒148(危険)
  8. 完全分煙ファーストフード店喫煙席⇒256(大いに危険)
  9. 不完全分煙居酒屋禁煙席⇒336(緊急事態)
  10. 不完全分煙居酒屋喫煙席⇒496(緊急事態)
  11. 自由喫煙居酒屋⇒568(緊急事態)
  12. タクシー喫煙者一人⇒1000(緊急事態)
これからわかる事は、家庭内に喫煙者がいなければその家族はPM2.5から守られていて良好。いても少数ならばほぼ許容範囲で完全分煙もしていない居酒屋・パチンコ店には、近づかない方が長く健康でいられるという事だね☆彡
これを機会に徐々にたばこの本数を減らしていったらどうだろうか???
このページの先頭へ