土用の丑の日のうなぎだよ!!!

2012年は、『土用の丑の日』は7月27日なんだってそこでチョイ早いが21日(土)に音羽有志でうなぎを食べに行った。

お世話になったのは、清水区の『うなよし』うなぎと言えばここ『うなよし』に良く来る。


うなよしは???(http://www.at-s.com/gourmet/detail/3035.html)←ここ
ここのうなぎは、厚く小骨もない。タレがまた私にあっているのかな???
じゃぁ、頂く事にしようぜ
私はいつもひまつぶしに来て『ひつまぶし』を頼む。
みんなも『ひつまぶし』派が多いなぁ!!!

これは、食べ方が有り1回目はご飯とうなぎで食べ2回目はそれに薬味を沢山入れて食べ3回目はだし汁を入れてお茶漬風に食べるのだねぇ同じ値段で3度楽しめるのは良い

食べる前なのにみんなそれぞれ小道具を持ち『ハイ・ポーズ』なかなか良い!!!
今日諏訪市から駆け付けてくれた右Mさん無礼講でくつろいでね!!!
完食の後は、いつもの乗りで集合写真なのよ!!!

前の2人はまじめに収まったのに後ろの4人は、芸達者だなぁ

この時後ろからうなよしのメニューが回ってきた。

俺、メニュー持っちゃうよなぁ!!!

さて遊んだ後は少し『うなぎの効能について』述べておくよ。

『粘膜強化・夏バテ・食欲不振の改善に効く滋養強壮の決定版』って事

うなぎはタンパク質が豊富でビタミンA・B1・B2・D・E・カルシウムなどがバランス良く含まれる。

  1. レチノール(ビタミンA)は、免疫力を高め、細菌・ウイルスに対抗し、ガンを出来にくくする
  2. ビタミンB1は、疲労回復作用が有る
  3. ビタミンB2は、皮膚や消化器官内の粘膜の健康を保つ
  4. ビタミンEは、若返りのビタミンと呼ばれ、活性酸素を除去し末梢血管を拡張し老化を予防する
  5. DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の活性化に関わる
  6. IPA(イコサペンタエン酸)は、血中悪玉コレステロールの上昇を抑え、動脈硬化や脳血栓予防の効果が有る
  7. ムコ多糖類は、ぬるぬるした動物に含まれる多糖体の1つで、弱った胃腸の粘膜を保護し、消化吸収を助ける
日本のうなぎが高騰している様で、経営が大変と聞くが、やはりうなぎは日本産が柔らかくて小骨も少なく美味しいね。

血液サラサラ作用や老化防止作用など生活習慣病を予防する栄養が沢山取れる日本の伝統食材を大切にしたいよなぁ。^^V

このページの先頭へ