頼れる戦士『免疫細胞』とは???

『良く話の中に出て来る免疫細胞とは、どんなものですか???』と言う質問に答えるよ。

『免疫力』とは、以前も書き込みしたが細菌やウイルスなどの有害物質から体を守る力の事なのね。つまり病気と闘う力の事だと思って良い。

この免疫力を支える物が『免疫細胞』と呼ばれる。

この『免疫細胞』は、血液に乗っていたるところに存在し、全身をくまなくパトロールしていて外敵から体を守っている。

『免疫細胞』には、様々な種類が有り、それぞれ独自の役割を持ち、互いに連絡を取り合って『悪』と戦っているのだね。

主な『免疫細胞』とその役割について!!!
(1):大食漢の見張り番・・・・『マクロファージ』
侵入してきた細菌や異物を次々と食べてしまう。処理できない場合は『ヘルパーT細胞』に情報を伝え、助けを求める。
(2):司令塔・・・・『ヘルパーT細胞』
情報を受けて『キラーT細胞』や『B細胞』に攻撃命令を出す。
(3):攻撃隊長・・・・『キラーT細胞』
『ヘルパーT細胞』の指令により、ウイルスなど病原に感染した細胞を攻撃する。
(4):武器生産・・・・『B細胞』
指令を受けて、病原菌に応じた抗体を大量生産する。同じ病気に2度と罹らない免疫をつける記憶細胞でもある。
(5):1匹狼の殺し屋・・・・『NK細胞』
指令を受けなくても独自に『がん細胞』などを見つけて即攻撃する。
『ナチュラルキラー細胞(生来の殺し屋)』と呼ばれ『がん細胞』達に恐れられている。

ざっと体の防衛隊戦士を紹介したのね。

この防衛隊は24時間活動している働き者だ。・・・・感謝・感謝☆彡☆彡



ここに居る人達が、皆さんの免疫機能をアップする為、活躍している『音羽戦士』達なのだねぇ!!!

・・・・2013年7月9日音羽町『清水祭り』の1コマだよぉ??

音羽戦士達は、じゃがバターでエネルギーを補給している様だな☆彡

まあ『風邪をひきやすい』『疲れやすい』あるいはお口の中に口内炎が出来やすかったり腫れやすい時は、免疫力低下のサインだと思って体を休める事も大切なのだねぇ。

この時点で気が付けばこれから起こりうる重篤な病気の予防に繋がる。

何度も音羽歯科で話して居る事だけれど免疫力を高める方法は???
  1. ストレスを貯めない。
  2. 適度な運動をする。
  3. 規則正しい生活をする。
  4. バランスのとれた食事をする。
  5. 腸内環境を整える。(乳酸菌を積極的に摂る)
  6. 笑う事。

免疫細胞の約7割が腸内に集中する・・・・腸内環境を整える事は免疫力アップの近道になる。

免疫細胞の強力なサポーター『乳酸菌』は、ヨーグルト・キムチ・納豆・チーズなどの発酵食品に多く含まれる。

お笑い演芸を見たらNK細胞が3~4倍増加すると言われている。

心から笑う事が1番だが、作り笑いでもNK細胞の増加がみられたそうだ。

いつも笑顔で楽しい事を考え、嫌な事はすぐ忘れて生きる事がこれからの人生の健康寿命を伸ばす事になるのだねぇ。

(参考)
診療紹介 ⇒ 免疫力を挙げる食事
診療紹介 ⇒ 体温と免疫機能の関係って???
診療紹介 ⇒ リラクセーションで免疫力アップ
診療紹介 ⇒ 免疫年齢チェックテスト
診療紹介 ⇒ NK細胞の活性化について

このページの先頭へ