女性と歯槽膿漏

女性の歯ぐきは、非常にデリケートにできています。これは、女性の卵巣ホルモンの異常か、歯ぐきに密接に影響を与えるためです。

そのため、思春期になると、急激に歯肉炎にかかる女性が多くあります。初潮の前後に2年、あるいは月経の前後、また妊娠した場合や更年期にも、歯ぐきに炎症を起こすことがあり、これらは、思春期性歯肉炎、月経性歯肉炎、妊娠性歯肉炎、更年期性歯肉炎と名付けられています。

これらは、初潮、月経、出産などとともに治るものですが、このように微妙なホルモンのバランスによって歯ぐきが影響を受けるため、女性は非常に重症の歯槽膿漏にかかりやすいといえます。歯槽膿漏にかかっている人の数は男女とも同じくらいですが、歯ぐきがザクロのようにぶよぶよになった重い症状は、女性に多く見られます。女性は、男性以上にデリケートな歯ぐきを守るため、十分に注意をしなければなりません。

女性と歯槽膿漏