むし歯の原因

むし歯は、歯のエナメル質や象牙質の防壁が崩壊してゆく病気です。むし歯の原因については、学問上未だ解明されていない部分が多くありますが、ある種の細菌がむし歯を作る主役となっていると、考えられています。

私たちの口の中には、いつも無数の細菌がいます。これらを口腔常駐菌といいますが、このうち、ストレプトコッカス・ミュータンスという連鎖球菌は、歯の表面に付着した糖分を分解して、デキストランというものをつくります。歯の表面についている黄色いねばねばしたプラークの主成分がこのデキストランで、デキストランはその中にストレプトコッカス・ミュータンスを包み込んで、歯のエナメル質にぴったりと付着します。そしてこの酸がデキストランにくるまれたまま、ぬくぬくと安住し、エナメル質をとかした(脱灰作用)、むし歯になっていくのです。

むし歯の原因