歯の寿命

日本人の平均寿命は、昭和51年の調査では男子72歳、女子77歳と、世界でもトップクラス。けれどもこのような寿命の伸びに対して歯の寿命はむしろ短く、歯本来の寿命を全うしないで歯の病気によって早くなくなってしまうことが非常に多いのです。
なんといっても自分の歯より勝るものはありませんから、むし歯や歯槽膿漏から歯を守り、なるべく長持ちさせていものです。