むし歯の進行

 むし歯は、食へ物のカスやプラークが付着しやすい、歯と歯のあいだ〔隣接面(りんせつめん)〕、歯と歯ぐきの境い目(歯頸部)、奥歯のかみ合わせ〔咬合面(こうごうめん)〕に発生しやすく、この3カ所をむし歯の好発部位といいます。むし歯の大部分はここから始まつて広がってゆき、その程度によつてC1からC4の4段階に分けられています。このC1からC4の記号は、歯学上むし歯をカリエスと呼ぶため、カリエスのCから取つたものてす。
C1
エナメル賞がむし歯に冒された状態です。痛みはほとんど感じないので簡単に発見はできませんが、歯の表面に白くにごったようなとくころがあったら要注意です。
C2
むし歯ガ象牙質にまで進んだ状態です。エナメル質にくらべやれらかい組織なのて進行も早くなります。
冷たいものが歯にしみるような症状があったら危険信号です。
C4
ひどく痛んでいた歯が、がまんしていたら痛くなくなったと思うことがありますが、これは決して治ったということてはなく、歯髄が死んで、腐ってしまったということなのてす。
これをほっておくと、歯の恨の先を通して歯の回りの歯根膜や骨の中に細菌が感染し、ウミができたり、はれて痛んだりしてきます。
C3
むし歯が歯髄にまで達します。歯髄は俗に神経とよばれるように、敏感な組織ですから、炎症を起こすとガマンできない痛みに襲われます。