妊産婦の口腔衛生

〈〝一子産むと一歯失う″はウソ〉

昔から「一子生むと一歯失う」とか「子どもをひとり生むごとに歯が2本ずつ悪くなる」とかいわれています。
妊産婦の歯が悪くなるのは、胎児にカルシウムを取られるためてなく、妊産婦自身に問題があるのです。
それは、妊娠によつてロの中にも変化が起こることと、口腔清掃の怠慢てす。

●口の中にも変化が起こる

妊娠中の母体の変化は、当然口の中にも起こってきます。
その成り立ちや症状には個人差があって一様ではありませんが、粘膜組織、抵抗力の低下、唾液性状の変化が作用しあって口の中が細菌の温床となります。
つわりによる口腔の汚れや嗜好品の変化も深く関係してきます。

●口腔内清掃の怠慢

姓娠中は、とかく運動不足になりがちで、さらに食事が不規則となります。
またその日の気分によつて日常の生活リズムが異なり、口の中の手入れを怠りがちになります。
胎児に十分な栄養を送るために1日何度も食事をとりますが、そのつどの歯みがきも忘れられがちです。
その結果、食べ物の食べカスが歯に付着し、むし歯ができるのです。
つわりなどで、歯みがきをするともどしてしまうので歯をみがかない、というのも大きな原因てす。

口の中をきれいに保つことによつて、健康な歯を維持することができます。

〈つわりがひどいと、むし歯に弱い乳歯ができる〉

おかあさんのおなかの中にいる赤ちゃんの栄暮源は、おかあさんが食べる物。
それによって赤ちやんは身体や歯をつくっていきます。
おかあさんは、たんばく質、脂肪、炭水化物のほかに、カルシウムやリン、ビタミン、マグネシウム、鉄、フッ素など、バランスよく十分に摂取しなければなりません。
妊娠中につわりがひどくて栄養障害にかかったり、重い病気にかかったおかあさんから生まれた赤ちゃんや、未熟児で、生まれてすぐガラス箱の中て育てられた赤ちゃんの歯は、どうしても弱く、特にむし歯が多くなっています。