最後に生える歯

親知らず

●〈「親知らず」が痛むのは・・・〉

「親知らず」は、専門的には第三大臼歯といい、別名、智力の盛んな18歳から25歳ごうにはえるのて「智歯」とも呼ばれます。
上下2本ずつ4本ともはえている人もいれば1本もはえていない人もいて個人差があり、他の永久歯とはずいぶん異なります。
「親知らず」がはえるのは年齢が大きくなってからなので、歯のはえてくる骨の組織なども乳歯や永久歯がはえてきたころと較べて硬くなっており、また、はえるときにすいぶん深いところから押し出てくるので、しばしば痛むことがあります。

●〈「親知らずを抜くと命取り」はウソ〉

親知らずが正しい位置にまっすぐはえてくれば抜かなくてもさしつかえないでしょう。
でもなにぶんせまい場所に最後に生えるわけで当然隣の歯の邪魔をしてくる場合も多いのです。
レントゲンを撮ってもらうと、どんな状態で生えているかがすぐわかります。
真横になつているものや、憐の歯によりかかるように斜めになっているものは、痛んではれてしまったり、ひどい時は口が開かなくなったりします。そんな時は早めに歯医者さんに診てもらって、抜歯してもらいましよう。