カルシウムの大切さ!!!

最近骨粗しょう症だからと色々な薬を飲んでいる患者さんが多くなったね。ここでカルシウムについて考えてみよう。

カルシウムの働きは???

1)骨や歯を作る。
この事は、みんな良く知っていると思う。しかし問題点も有る。
現代人は体格も良くなり、丈夫な歯や骨を作る為には、より多くのカルシウム摂取が必要に成るのね。
それを補うには、魚料理が一番良い。
でも食文化の欧米化によって魚を食べる機会が減っている。
ここが問題点なのね。
2)筋肉運動を滑らかにする。
筋肉が収縮する時、筋肉細胞にカルシウムが取り込まれ、筋肉が弛緩する時にカルシウムを排泄する機能が有るのね。
つまり筋肉運動の潤滑剤の働きが有る。
筋肉トレーニングをする時は、タンパク質とカルシウムを一緒に摂ろうね。
3)神経の働きを正常にする。
神経の働きが正常に成る事でストレスに強い身体になるのね。
4)ナトリウムを排泄する作用も有る。
以前『高血圧症を予防する食べ物』の所で書いた事があるが、デトックスの作用がある。

カルシウムが不足すると???

カルシウムは歯や骨を作ったり、身体の色々な機能を保つ為に大切なの。

カルシウム不足から『骨粗しょう症』『高血圧症』『動脈硬化』『肩こり』などの様々な疾患や体調不良を引き起こす。

子供の成長期・女性の妊娠・授乳期には特に多くのカルシウムが必要に成る。

また骨中のカルシウムが一気に減る更年期や吸収率の落ちる老年期もカルシウム不足が起こりやすい。

血液中のカルシウムが不足すると骨から既存のカルシウムが溶け出る事が分かって来た。

カルシウムが血管へ溶け出すと血管が収縮し血圧が上昇する。

また血管壁が硬くなると血管の内側が傷つき易くなり、この傷に悪玉コレステロールが付着し、血液の流れが悪くなり動脈硬化を引き起こすことも分かって来た。

だからカルシウム不足は、身体の健康のバランスをとる為にも大切だね。

カルシウムはどの様にして吸収されるの???

1)カルシウムは、寝ている間に吸収される。十分な睡眠は、体内に栄養素の吸収を促進する作用が有るのね。

2)適度な運動は、骨の代謝を活発にする。骨の代謝が活発になるとカルシウムが必要に成り、吸収率が上昇する。

3)カルシウムは食べ物を通じて摂取される。体内に入ったカルシウムは小腸で吸収され血液を通じて全身へ運ばれるのね。でもカルシウムは、とても吸収されにくい物質なの。吸収率は、幼児75%成人30%~40%で老齢に至っては、これ以下になってしまう。

吸収率を上げるには、カルシウム豊富な食事をするだけでなく、適度な運動やしっかりとした睡眠が重要に成るのね。

運動する事によって骨の代謝を活発にする事で身体がカルシウムを多く必要としてより多く吸収出来る様になる。

また吸収を助けるビタミンDやマグネシウムなどとカルシウムを一緒に摂ると効果的なのね。

カルシウムは動脈を収縮させて血圧を上げるのに対してマグネシウムは動脈を弛緩させて血圧を下げる作用も有る。

非常に関係の深いミネラルなのね。

まあ、色々書いたけれどカルシウムは、いつまでも若く健康寿命を延ばす為には、必要なミネラルなのね。

効率よくカルシウムを取り込むには、吸収率が抜群に良い牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品を毎日どこかの食事で摂る事だよなぁ。

次に吸収率の良いのが小魚(ししゃも・わかさぎ・いわし・しらす等)なのね。その後に続くのが野菜(大根・ほうれんそう・小松菜・もろへいや)なの。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富な食物には、秋刀魚・椎茸・さば・まいたけ・ぶりなどが良い。

マグネシウムを多く含む食物には、こま・ピーナッツ・ココア・玄米・アーモンド・わかめが有るね。

でも食べ過ぎてカルシウム過剰症になるのでは??

現代人の食生活では、たとえ牛乳などのカルシウム豊富な食品を積極的に毎日の食事に取り入れても1日の摂取量の上限を超える心配は無いよなぁ。

(参考)

音羽歯科ホームページ『診療紹介』より

このページの先頭へ