咀嚼力と認知症の関係!!!

『咀嚼能力の低い人は、認知症の発症リスクが高くなる。』と言う

興味深い報告が札幌市で開かれた第21回日本疫学学会学術総会で発表されたので引用してみるよ。この調査は、愛知老年学的評価研究(AGES)プロジェクトのデータを基とし、2003年10月時点に要介護認定を受けていない65歳以上を対象としたもので4年間追跡できた4425人について要介護認定を伴う認知症2度以上が、発症するまでの各日数や歯数、咀嚼力、かかりつけ歯科医の有無との関係を検討した。

調査期間中に要介護認定を受けた人は220人(0.5%)でリスク度合いの計算では、残存歯数20歯以上の人に比べ、歯がほとんど無く義歯未使用の人の認知症発症リスクは1.9倍、何でも噛める人に比べて噛めない人の認知症発症リスクは、1.5倍、かかりつけ歯科医が無い人は、有る人に比べ認知症発症リスクは、1.4倍と言う結果が出ていた。
(近藤克則教授・日本福祉大学、山本龍生准教授・神奈川歯科大学らが平成22年度厚生労働科学研究として行った分析による)



この分析結果からも、幾つに成っても自分の歯で食べたい物を良く噛んで食べる事がどんなに大切な事かがわかるのね。

口腔周囲に有る筋肉(咀嚼筋)は、噛む事によって血液を脳に送り込んでいるのだよぉ。

是非噛めないままに放って置かないで、いつでも左右で均等に噛める様にして置く事が大切だよなぁ。

美容上も片噛みから顔がゆがんで見えたりする事もあるのだよぉ。

心配な事が有ったら、音羽スタッフに気軽にお声を掛けて下さいね。

このページの先頭へ