免疫力を上げる食事(その1)

免疫力を上げる食事(その1)

ウイルス・細菌・紫外線・ストレス・加齢・がん細胞などあらゆる外敵から自分の身体を自分で守る力を『免疫力』と言うね。

しかし最近では、体調が優れないとすぐに薬に頼る様になった。
これでは本来みな持っている『免疫力』は、弱まっていく。
『免疫力』は、外敵から身を守る『防御システム』と体内に進入したウイルス・細菌・がん細胞などを退治する『攻撃システム』からなる。
血菅やリンパ節では、病原菌・がん細胞などを攻撃・排除する為の免疫細胞が常に働いている。
こうした機能が低下すると、身体の抵抗力は落ち、何らかのトラブルが生じるのだね。
以前も話した様に免疫力のピークは、20代から30代で、その後は年とともに低下すると言われている。
若者と言えども睡眠不足・暴飲暴食・ストレス過多を続ければ、『免疫力』は、低下する。
つまり何よりも大切な事は、良い生活習慣なのね。
ストレスをコントロールして精神的にリラックスする事。十分な睡眠や休息を取る事。睡眠の大切さについては、またいつか書き込むね。
それに適度の運動をして代謝(食べ物を摂取してそれを分解しエネルギーを得る事だよなぁ。)を上げる事。
この中で一番大切な事は、食事だと思う。
私達の身体は『食べ物』によってエネルギーを得ている。
毎日の食事が免疫細胞の元に成る。免疫機能の低下を予防し、常に正常な状態を維持するには、有効な栄養素を含む食材を毎日の習慣として摂る事が重要だよなぁ。
食べる事で体調を維持する事が出来れば、いつのまにか免疫力をアップして、元気に毎日を過ごせる様になる。

実際免疫力が低下するとどの様な症状が出るかというと、『だるさ』がある。

これが出ると免疫機能のバランスが落ちてるかなとみてストレスを抜き、気分転換をし、食材にも気を配ってね。
放っておくと肌が荒れる、口内炎ができるなどの症状に変わってくる。
ここで気が付かないと風邪やインフルエンザにかかり易くなり、この状態を10年間という周期で続けるとDNAに異常をきたした『がん細胞』が出る可能性もあるのよ。
食材にも気を配る余裕も必要に成るのね。
次回は『日常に摂った方が良い食材』について書き込んでみるよ。

このページの先頭へ