歯周病と脳梗塞

脳梗塞の患者さんに『歯周病菌が多い。』と言う研究成果を4月15日盛岡市で開催の日本脳卒中学会で発表された。

発表したのは広島大学脳神経内科学講座、細見直永準教授。

歯周病菌が血液を通じて全身をめぐり、脳梗塞の原因となる動脈硬化を起こしている可能性があるという。

研究グループは、脳梗塞患者132人と脳梗塞でない111人の血液を調べた。

歯周病菌量の平均値を調べると脳梗塞患者は脳梗塞で無い人より1.2倍高かった。

脳梗塞の原因は、大きく分けて次のグループに分類される。

  1. 首の動脈 (頚動脈) などの太い血管が硬くなる。(動脈硬化)
  2. 脳内の細い血管が詰まる。
  3. 心臓内で出来た血の塊 (血栓) が脳内血管をふさぐ。

この中で特徴的なのは、1.の太い血管の動脈硬化が原因で起きる脳梗塞患者は、脳梗塞でない人に比べ歯周病菌量は、1.4倍と他の2タイプの脳梗塞より高かった。

さらに興味深い研究は、脳梗塞の原因となる動脈硬化や血液中の脂分の多い脂質異常症と歯周病菌のかかわりを調べた事である。

頚動脈の直径が75%以上詰まっている74人とそれ未満の169人を比べた。結果は、頚動脈が詰まっている人は歯周病菌量は1.4倍と高かった。

血液中の脂分 (中性脂肪や悪玉コレステロール) の値の高い脂質異常症の人は、そうでない人の1.5倍と高かった。

海外の論文には、歯周病菌が歯茎(歯肉)から血液を通じて全身をめぐり動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因の一つに成っていると掲載されてる。

また血管が脂の塊で詰まっている所に歯周病菌が多く見つかったと言う海外報告も有る。

また 『歯周病と脳梗塞のかかわり』 について1986年から12年間かけて40歳から75歳の男性4万人を追跡調査して次の結論を出している。

歯の数が24本以下になった人は、25本以上残っている人より、脳梗塞になる危険性が1.5倍高い。(米ハーバード大学:1998年)

この話、少し硬かったかな ???

だからこそ、全身に流れる歯周病菌を少しでも減らす為に日頃の口腔内ケアが大切だって事だなぁ。

歯周病は30代以上の8割がかかっていると言われる。細見準教授も 『脳梗塞の発症を防ぐ為にも歯周病の治療が必要だ。』 と結論付けてたよ。

『こんな時どうすれば良いの?? なあ、ジーニー !!!』『もちろん魔法のランプをこすって僕を呼ぶか、音羽歯科のお姉さん達にクリーニングをして貰う事が良いんじゃないかい !!! 』

このページの先頭へ