がん罹患のリスク低下の為には???

国立がん研究センターのチームの発表が有ったので紹介するね。

たばこを吸わない、お酒を飲みすぎないなどの健康的な生活習慣や適正な体重と言った条件が1つ増えるごとにがんの罹患リスクが男性で平均14%、女性で平均9%ずつ下がって行くと言う研究結果が発表された。

チームは、1990年代後半に岩手や大阪など9府県に住んでいた45~74歳の男女約8万人を2006年まで追跡し、生活習慣や体格とがん発生の関係を調べた。

その結果
  1. 過去も現在も喫煙の習慣がない
  2. 日本酒を1日1合にとどめるなどお酒を飲みすぎない
  3. イクラやタラコなど塩漬けの食品を控える
  4. 日常生活で良く歩くなど活発に動く
  5. 体格指数(BMI)が男性で21~27、女性で19~25と適正である
この5条件のうち、あてはまる数が増えるほどがんの罹患率が減っていたと言う。

まあ、何よりもストレスを貯めずに毎日を笑顔で過ごす事、好物だからと言って毎日同じ食事に偏らない、たばこは今まで吸っていた人もこの辺で控え様ね。

アルコールも毎日なら日本酒1合弱(アルコール換算で週に150g未満)これは毎日でなく週末に貯めた分を多く飲むのは、良いのね。

要は、自分で150g/週を越えなければ飲み方はお任せと言う事なの。

塩漬け食品も1日当たり0.67g未満にする。

まあ塩辛い物は、毎日は控えた方が良いが塩分が取れないのも心配なのよ。

運動は、男性は座ったり立ったりに加え、1日1時間程度の肉体労働やスポーツをする。(散歩など歩く事が手軽で1番良いかな)

女性は1日3~8時間ほど立ち仕事や歩く事をする。(主婦は家事をこなす事によって意外とできてるね)

思いついた今から心掛ければ必ず『ハッピー・ライフハート』が訪れるのだねぇ。^^v

このページの先頭へ