栄養とドクター・サプリ

夏バテ予防!

梅雨の時期『疲労感・倦怠感』が出やすくなる。これから夏の暑い時期を迎える為の準備が体の中で行われている。

これをつかさどっているのが自律神経で、変調をきたすと体のだるさ(倦怠感と言うよ)を感じる事が有る。

ほとんどは、過労・睡眠不足・筋肉疲労・精神的不安が原因になり誘発される。これらは十分な休養や睡眠、気分転換する事で精神的不安を取り除けば必ず治るので心配無用。

ただこれでも快復しない場合は、次の様な内科的病気が潜んでいる場合も有るので注意が必要だよ。

血圧の異常・心臓の疾患・腎臓病・肝臓病・糖尿病・うつ病などがそれに当たる。

また日常生活が辛くなるほどの疲労感や集中力・記憶力の低下などが半年以上続く様な時は、慢性疲労症候群と呼ばれる場合も有る。

主要症状としては、発熱・のどの痛みなどの風邪症状に頭痛・不眠・意識の低下を伴う。
原因は、ウイルス感染説や自己免疫説が有るが未だ分かっていない。まあ稀であるのが助かる。

それでは本題の『夏バテ予防!』には、どんな心構えが必要か述べてみたい。

『筋肉疲労から精神的なものまで、効率良くエネルギーを摂り、体を活性酸素から守る様な食事』について疲労感・倦怠感が続く時には、食事内容を見直してみると良いよなぁ。
不足すると疲労をまねく栄養素にビタミンB1とカリウムが有る。

ビタミンB1は、エネルギーの代謝や筋肉に蓄積された疲労物質(乳酸)の代謝にかかわる。

カリウムは、筋肉を収縮させる働きが有る為、不足によって脱力感が起こる。

ビタミンB1は、豚肉・うなぎ・大豆が宝庫だよ麦や胚芽米にも多い。(麦ご飯・胚芽米を主食にするとカリウムも同時に取ることが出来るよ。)

カリウムは、ひじきなどの海藻・インゲン豆・アボガド・イモ類が宝庫。このカリウムを細胞中に取り込むのがアスパラギン酸でアスパラガス・大豆が宝庫だよ。

もやしやアスパラガスを今の時期に食卓に並べると良いよなぁ。
また慢性疲労に、細胞を傷つける物質(活性酸素)の害から守る物質(抗酸化物質)の多く含まれる物を食卓に並べよう。

カロテン(ビタミンA)・ビタミンC・ビタミンE・セレンが大切!

カロテンは、緑黄野菜が宝庫。
ビタミンCは、果物が宝庫。
ビタミンEは、ナッツや青背の魚が宝庫。
セレンは、いわし・ほたてなどの魚介類やねぎ・牛肉が宝庫。
なかでもかぼちゃ・ほうれん草には、カロテン・ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれるので是非毎日の食卓へだよなぁ。

このページの先頭へ