栄養とドクター・サプリ

サプリメントって、何?(その3)

みんなの体内のミネラルに、必須ミネラルと有害ミネラルが有るの知ってる???

今回は、『有害ミネラルによる臨床症状』『必須ミネラルの不足による臨床症状』について触れてみるね。

『有害ミネラルによる臨床症状』

  1. アルミニウム:胃腸症状・肝臓の機能障害・腎臓の炎症・皮膚の炎症・脳の炎症など
  2. カドミウム:脱毛・貧血・食欲不振・疲労・血圧上昇など
  3. 水銀:うつ症状・皮膚の炎症・しびれ・眠気・情緒不安定など
  4. 鉛:不安感・うつ病・頭痛・めまい・不眠症など
  5. 砒素:感覚異常・頭痛・眠気・筋肉萎縮・虚弱など
  6. ベリリウム:急性の食欲不振・呼吸困難・肉腫など

これらが食物・飲料水から体内に取り込まれたら大変だよなぁ。

『必須ミネラルの不足による症状』

  1. ナトリウム:頭痛・めまい・疲労感・筋力の低下など
  2. カリウム:血圧上昇・脳卒中の危険度上昇・手足のむくみなど
  3. マグネシウム:集中力の低下・心臓発作を起こし易い・手足のしびれなど
  4. カルシウム:イライラする・動脈硬化、高血圧症に成り易い・心臓が弱るなど
  5. クロム:高血圧症・動脈硬化・糖尿病など
  6. モリブデン:貧血・疲労・尿代謝障害など
  7. マンガン:疲れやすくなる・インスリン合成の低下など
  8. 鉄:神経過敏・思考力低下・感染症に掛かり易いなど
  9. 銅:髪がちじれる・白髪に成り易い・慢性リュウマチなど
  10. 亜鉛:髪が抜け、はげやすい・情緒不安定・味覚障害・肌荒れなど
  11. リン:いわゆる歯槽膿漏に成り易い・筋力低下・腎臓結石など
  12. セレン:髪が抜ける・白内障に掛かり易い・発がんリスクが高まるなど

必須ミネラルが不足しても大変だよなぁ。

『これらの体内のミネラルを調べる方法が、あるのだよぉ』髪の毛で分析出来る様に成りました。

『詳しい内容は音羽歯科スタッフに声掛けてみたらぁ???』

このページの先頭へ