歯周病とタバコの関係

歯周病は、タバコで悪化する!!!

タバコの煙の成分には???

4000種類の化学物質
200種類の有害物質→→→が含まれている事がわかった。
37種類の発ガン物質

タバコを吸うと全身はもちろん、口腔内にどう云う影響が出るの???

ニコチンには、血管を締める作用が有る為血管が縮まって歯肉(歯茎)の血行が悪くなる。
そうすると歯・歯肉への酸素や栄養が行き渡らなくなる。
その結果、歯肉の細菌に対する抵抗力(免疫力)が下がって歯周病になり易くなる。

喫煙者のお口の中は???

歯の面にタール(発ガン物質)が付着している。 歯肉の色も綺麗なピンク色から暗い紫色になる。(血行が悪い為) 炎症を起こすと歯肉からの出血で身体の不調を教えてくれるのだが、血管が縮まってしまい出血などの炎症症状が出にくくなる。 歯肉にメラニン色素が沈着しやすくなり、黒っぽい歯肉に成り易い。 歯肉がごつごつした感じに成り厚くなる。 上あごの粘膜も盛り上がりごわごわ感が出る。

以上の事を考えてもタバコって、良い事無いよなぁ。
でもタバコを吸わない人も注意が必要よ。

『受動喫煙』の可能性も有るのだね。
『受動喫煙』とは、本人は喫煙していなくても、他人の吸っているタバコの煙(副流煙)を吸う事で健康被害を受ける事を言う。

タバコを吸っている人が自分で吸い込む『主流煙』よりもタバコから立ち上がる『副流煙』の方が毒性が高いと言うデータが有る。

副流煙は、主流煙に対して『タール3倍』『アンモニア46倍』『一酸化炭素5倍』となっている。
レストランや会議室・乗り物など分煙が進んでいるのは、こう云う意味が有るのだねぇ。

このページの先頭へ